山口の偉人

木戸孝允(きど たかよし)・山口の偉人

長門国萩呉服町(山口県萩市)生まれ。

長州藩の指導者、維新の三傑
通称・桂小五郎(かつら こごろう)。

1833(天保4)年8月11日-1877(明治10)年5月26日 45歳

萩藩の藩医の子に生まれる。吉田松陰に師事。のち江戸で剣客斎藤弥九郎に入門。剣術のほか西洋兵学、蘭学も学ぶ。公武合体派に反対し、尊皇攘夷運動に奔走。藩の重職に就き、京都で、公卿・他藩との折衝に当たり、藩論を討幕へと導く。新選組が襲撃した池田屋の変では、奇跡的に難を逃れ、禁門の変で長州藩敗退後、但馬出石に潜伏。二条大橋の下に潜む小五郎のもとに、芸妓幾松(木戸松子)がにぎりめしを運んだという有名なエピソードはこのときのものである。

帰藩後は長州藩を指導し、1866(慶応2)年、坂本龍馬らの仲介で、薩摩藩との間に薩長連合を締結。王政復古後、五箇条誓文草案を起草。新政府の参与に任ぜられ、版籍奉還の実現に尽力した。1870(明治3)年6月参議。1871(明治4)年、岩倉遣外使節団に副使として参加。以後文部卿、内務卿、地方官会議議長、内閣顧問等を歴任。立憲制の漸進的樹立を唱えた。

木戸孝允生誕地(山口県萩市)

山口県立山口博物館・木戸孝允の資料展示

木戸神社(山口市糸米)

木戸孝允・京都ゆかりの地

桂小五郎・幾松寓居跡(京都市中京区木屋町通御池上る東側・旅館幾松前)

霊山歴史館(京都市東山区)

木戸孝允墓所(京都市東山区・霊山護国神社内)

関連図書



維新の三傑ビールセット330ml×3本

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 久坂玄瑞(くさか げんずい)・山口の偉人
  2. 吉田松陰(よしだ しょういん)・山口の偉人
  3. 伊藤博文(いとう ひろふみ)・山口の偉人
  4. 狩野芳崖(かのう ほうがい)・山口の偉人
  5. 高杉晋作(たかすぎ しんさく)・山口の偉人
  6. 乃木希典(のぎまれすけ)・山口の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP