長野の偉人

小林一茶(こばやし いっさ)・長野の偉人

信濃国柏原(長野県信濃町)生まれ。

1763(宝暦13)年6月15日-1828(文政10)年1月5日 65歳

江戸時代を代表する俳諧士。「江戸三大俳人」のひとり。

家庭的に不幸で、俳句は皮肉、激情、童心の交じった作風であった。日記風に記した随筆「おらが春」は代表作。

小林一茶記念館(信濃町)

小林一茶ゆかりの地、墓所 

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 太宰春台(だざい しゅんだい)・長野の偉人
  2. 佐久間象山(さくま・ぞうざん)・長野の偉人
  3. 伊沢修二(いさわ しゅうじ)・長野の偉人
  4. ふるさと100話<43> 荻原豊次(長野県軽井沢町)
  5. 島崎藤村(しまざき とうそん)・長野の偉人
  6. 臥雲辰致(がうん・ときむね)・長野の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP