岡山の偉人

正宗白鳥(まさむね・はくちょう)・岡山の偉人

正宗白鳥(まさむね・はくちょう)・岡山の偉人

岡山県和気郡伊里村穂浪村(岡山県備前市穂浪)生まれ。

明治12年(1879)3月3日-昭和37年(1962)10月28日 83歳

小説家、劇作家、評論家。本名、正宗忠夫。

正宗白鳥
(国立国会図書館・近代日本人の肖像より)

若くしてキリスト教の影響を受け、内村鑑三に傾倒した。

明治29年(1896)に上京し、東京専門学校の英語専修科に入学。
自然主義に触れ、初め文芸時評を書いたが、虚無的、厭世的な青年を主人公とした「何処へ」(明治41)を発表、自然主義作家として認められた。

その後、「泥人形」(明治44)、「入江のほとり」(大正4)などを発表、その特質は、虚無や冷笑を基調とした否定的な人生観にあり、ニヒリスト白鳥とよばれた。

晩年まで、旺盛な批評精神を持ち続け、「自然主義盛衰死」(昭和23)など多くの評論を書いた。

正宗白鳥生家跡記念碑(岡山県備前市穂浪)

正宗文庫(岡山県備前市穂浪)

正宗白鳥墓所(多磨霊園・東京都府中市多磨町)

何処へ・入江のほとり (講談社文芸文庫)
何処へ・入江のほとり (講談社文芸文庫)

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 緒方洪庵(おがた こうあん)・岡山の偉人
  2. 馬越恭平(まごし きょうへい)・岡山の偉人
  3. 宮本武蔵(みやもと むさし)・岡山の偉人
  4. 北条早雲(ほうじょう そううん)・神奈川/岡山の偉人
  5. 熊沢蕃山(くまざわ ばんざん)・岡山/京都の偉人
  6. 池田詮政(いけだ・のりまさ)・岡山の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP