宮城の偉人

只野真葛(ただの まくず)・宮城の偉人

只野真葛(ただの まくず)・宮城の偉人

江戸日本橋数寄屋町生まれ。

宝暦13年(1763)-文政8年(1825)6月26日 63歳

仙台藩医工藤平助の長女。文学者。

只野真葛 (人物叢書)
只野真葛 (人物叢書)

名は綾子。国文や和歌に秀で、儒学を学ぶ。村田春海に師事、大田南畝・曲亭馬琴とも交友があった。

16歳から10年間、仙台藩主伊達重村の正室や三女詮子に仕え36歳で同藩江戸番頭の只野行義の後妻となり、以後仙台に居住。

50歳のとき夫が没し、文筆活動に専念。多くの随筆を残した。

代表作『独考(ひとりかんがえ)』は、儒学の素養と自我の自律性を感じさせる。
(日本史人物辞典・山川出版社)

只野真葛墓所(松音寺・宮城県仙台市若林区新寺4-6-28)

わが真葛物語―江戸の女流思索者探訪
わが真葛物語―江戸の女流思索者探訪

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 【日本民主主義の父】吉野作造(よしの さくぞう)・宮城の偉人
  2. 志賀潔(しが きよし)・宮城の偉人
  3. 高橋是清(たかはし・これきよ)・宮城の偉人
  4. 林子平(はやし しへい)・宮城の偉人
  5. 工藤平助(くどう へいすけ)・宮城の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP