宮崎の偉人

高木兼寛(たかぎ かねひろ)・宮崎の偉人

高木兼寛(たかぎ かねひろ)・宮崎の偉人

日向国東諸県郡穆佐村(宮崎市高岡町穆佐)生まれ。

1849(嘉永2年9月15日)-1920(大正9)年4月13日)72歳

海軍軍人、医学者で東京慈恵会医科大学の創設者でもある。
脚気の撲滅に尽力し、「ビタミンの父」と呼ばれる。
「病気を診ずして病人を診よ」の名言を残す。

13歳頃、医師になるという志を立てる。

20歳で会津戦争に参加した経験から、「西洋医学を修得したい」と決心し、藩立開成学校(鹿児島医学校)に入学。英医ウィリアム・ウィリスについて、医学及び英語を学ぶ。

やがて、海軍省に入り、イギリス留学を志す。
27歳でイギリス留学を命ぜられ、ロンドンのセント・トーマス病院医学校に入学する。

イギリス留学中、すぐれた施療病院を見て、「病気に苦しむ人を救済する施設を作ることが社会の義務だ。人間が何より苦しいのは貧乏のうえに病気になることだ。これを救わねば社会の発展はありえない。どうしても施療病院を作らねばならない。」と考えた。

1881(明治14)年、成医会講習所(東京慈恵会医科大学前身)設立、 1882(明治15)年には、有志共立東京病院(東京慈恵会病院の前身)を設立する。
1883(明治16)年、海軍将兵の脚気予防策として、海軍の兵食を改善する必要があることを明治天皇に奏上した。

1885(明治18)年、看護婦教育所(我が国初の看護学校)を設立。
当時の看護婦は、看護婦としての正式な教育を受けておらず、ナイチンゲール女史の創設した看護婦養成所を見習ったものであった。

同年12月には、海軍軍医総監に任ぜられる。海軍軍医総監の兼寛は、軍用食に麦御飯を採用し、脚気の予防に成功。この脚気予防法は、後のビタミン発見に大きく頁献。また、日露戦争時の日本海海戦の間接的な勝因とも考えられている。

1888(明治21)年、医学博士の学位を授与される。

1920(大正9)年、永眠。兼寛の医学界での功績は、「イギリスのような医療体系を早く日本にも作り上げたい」そして、「病人のための医学であって欲しい」という大きな志からうまれたものであるにちがいない。

兼寛の残した言葉。「病気を診ずして病人を診よ」

南極大陸に「高木岬」という地名がある。これは、高木兼寛の名前が由来である。また、イギリスのビタミン学界の第一人者レスリ・ハリスは、兼寛を世界の八大ビタミン学者として写真入りで紹介し、兼寛の業績を紹介しています。このような功績から人々は、高木兼寛を『ビタミンの父』と呼んだのである。

高木兼寛生誕地(宮崎市高岡町穆佐)

学校法人慈恵大学・建学の精神

高木兼寛墓所 東京青山霊園

高木兼寛の関連書籍

関連記事

  1. 小村寿太郎(こむら じゅたろう)・宮崎の偉人
  2. 石井十次(いしい じゅうじ)・宮崎の偉人
  3. 内藤繁子(ないとう・しげこ)/充眞院(じゅうしんいん)・宮崎の偉…
  4. 菊池記念館(宮崎県児湯郡西米良村)
  5. 若山牧水(わかやま ぼくすい)・宮崎の偉人
  6. 安井息軒(やすい そっけん)・宮崎の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP