大阪の偉人

武野紹鴎(たけの・じょうおう)・奈良/大阪の偉人

武野紹鴎(たけの・じょうおう)・奈良/大阪の偉人

大和国吉野郡に生まれる。

文亀2年(1502)-弘治1年(1555)閏10月29日

室町時代の茶匠。堺の豪商。
千利休の師匠で、堺流茶道の開祖。
村田珠光、千利休とともに「茶道の三祖」のひとり。

武野氏は、若狭国の守護武田氏の後裔で、父信久は諸国を流浪したのち堺に住み、姓を武野として、武具作製の皮革商を営んで財をなしたという。

紹鴎は、歌道・連歌に堪能で、三条西実隆から古典や和歌を学び、村田珠光系の藤田宗理らに茶の湯を学んだ。

実隆の『詠歌大概』(藤原定歌)の序の講義を聞いて茶道の極意を悟ったという。

和歌の心を茶の心に生かし、唐様趣味を和様に転化するなどの工夫を行った。

31歳で剃髪して茶の湯に専念、珠光の四畳半茶の湯をさらに徹底し、わび茶の根本を深め、二畳・三畳の小間の茶室、竹の茶入や茶杓(ちゃしゃく)などを創案し、それまでの茶の湯の姿を大きく変化させた。

千利休、今井宗久、津田宗及、松永久秀ら門人も多い。

竹茶杓(東京国立博物館蔵)

大黒庵武野紹鴎邸址(京都府京都市中京区室町通四条上る東側)

武野紹鴎屋敷跡(大阪府堺市堺区中之町東)

武野紹鴎像(堺市博物館・大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2・大仙公園内)

なにわ人物伝

武野紹鴎墓所(龍興山臨江寺・大阪府堺市堺区南半町東2)

武野紹鴎供養塔(龍興山南宗寺・大阪府堺市堺区南旅籠町東3)

関連記事

  1. 契沖(けいちゅう)・兵庫/大阪の偉人
  2. 大塩平八郎(おおしお へいはちろう)・大阪の偉人
  3. 中村直三(なかむら なおぞう)・奈良の偉人
  4. 土佐光起(とさ みつおき)・大阪の偉人
  5. 安岡正篤(やすおか まさひろ)・大阪の偉人
  6. 村田珠光(むらた じゅこう)・奈良の偉人
  7. 木村蒹葭堂(きむら けんかどう)・大阪の偉人
  8. 富本憲吉(とみもと けんきち)・奈良の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP