長崎の偉人

橘周太(たちばな・しゅうた)・長崎の偉人

橘周太(たちばな・しゅうた)・長崎の偉人

肥前国南高来郡千々石村(長崎県雲仙市)生まれ。

慶応元年(1865)9月15日-明治37年(1904)8月31日 40歳

陸軍軍人。
日露戦争に出征し歩兵第34連隊(静岡)第1大隊長として遼陽の戦闘で戦死。
死後中佐に進級し、海軍の広瀬武夫中佐と並び「軍神」と称される。

橘周太
(国立国会図書館・近代日本人の肖像より)

明治20年(1887)陸軍士官学校卒業。

東宮武官、戸山学校教官などを経て、明治35年(1902)陸軍少佐、名古屋地方幼年学校長に就任。

その間、『新兵教育』『歩兵夜間教育』などを著した。

明治37年(1904)第2軍管理部長として日露戦争に出征。

歩兵第34連隊第1大隊長となり、遼陽の戦闘で戦死した。

死後中佐進級。
海軍の広瀬武夫中佐と並ぶ「軍神」として軍歌や小学唱歌になる。

橘神社(長崎県雲仙市千々石町己)
主祭神・橘周太陸軍中佐
昭和15年(1940)創建
北村西望による橘の銅像もある。

橘周太生家(橘神社遺徳館)

板妻駐屯地資料館・軍神橘中佐之像(静岡県御殿場市板妻40-1)
橘中佐の戦死した8月31日に毎年追悼行事・橘祭が行われている。

歩兵第34連隊跡の碑(駿府城跡・静岡県静岡市葵区城内)

橘中佐墓碑(旧静岡陸軍墓地公園・静岡県静岡市葵区沓谷)

橘中佐(文部省唱歌・岡野貞一作曲)

屍(かばね)は積もりて山を築(つ)き
血汐は流れて川をなす
修羅の巷の向陽寺(しゃおんずい)
雲間をもるる月青し

「みかたは大方うたれたり
しばらくここを」と諌(いさ)むれど
「恥を思えや つわものよ
死すべき時は今なるぞ

御国(みくに)の為なり陸軍の
名誉の為ぞ」と諭したる
ことば半ばに散りはてし
花橘ぞかぐわしき

橘中佐
作詞:鍵谷 徳三郎
作曲:安田 俊高

(上の曲)

遼陽城頭夜は闌けて 有明月の影すごく
霧立ちこむる高梁の 中なる塹壕声絶えて
目醒め勝ちなる敵兵の 胆驚かす秋の風


わが精鋭の三軍を 邀撃せん健気にも
思い定めて敵将が 集めし兵は二十万
防禦至らぬ隅もなく 決戦すとぞ聞えたる


時は八月末つ方 わが籌略は定まりて
総攻撃の命下り 三軍の意気天を衝く
敗残の将いかでかは 正義に敵する勇あらん


「敵の陣地の中堅ぞ まず首山堡を乗っ取れ」と
三十日の夜深く 前進命令忽ちに
下る三十四聯隊  橘大隊一線に


漲る水を千仭の 谷に決する勢か
巌を砕く狂瀾の 躍るに似たる大隊は
彩雲たなびく明の空 敵塁近く攻め寄せぬ


斯くと覚りし敵塁の 射注ぐ弾の烈しくて
先鋒数多斃るれば 隊長怒髮天を衝き
「予備隊続け」と太刀を振り 獅子奮迅と馳せ登る


剣戟摩して鉄火散り 敵の一線まず敗る
隊長咆吼躍進し 卒先塹壕飛び越えて
閃電敵に切り込めば 続く決死の数百名


敵頑強に防ぎしも 遂に堡塁を奪いとり
万歳声裡日の御旗 朝日に高くひるがえし
刃を拭う暇もなく 彼れ逆襲の鬨の声


十字の砲火雨のごと よるべき地物更になき
この山上に篠つけば 一瞬変転ああ悲惨
伏屍累々山を被い 鮮血漾々壕に満つ


折しも喉を打ちぬかれ 倒れし少尉川村を
隊長躬ら提げて 壕の小蔭に繃帯し
再び向う修羅の道 ああ神なるか鬼なるか

十一
名刀関の兼光が 鍔を砕きて弾丸は
腕をけずりさらにまた つづいて打ちこむ四つの弾
血煙さっと上れども 隊長さらに驚かず

十二
厳然として立ちどまり なおわが兵を励まして
「雌雄を決する時なるぞ この地を敵に奪わるな
とくうち払へこの敵」と 天にも響く下知の声

十三
衆をたのめる敵兵も 雄たけび狂うわが兵に
つきいりかねて色動き 浮足立てし一刹那
爆然敵の砲弾は 裂けぬ頭上に雷のごと

十四
辺りの兵にあびせつつ 弾はあられとたばしれば
打ち倒されし隊長は 「無礼ぞ奴」と力こめ
立たんとすれど口惜しや 腰は破片に砕かれぬ

十五
「隊長傷は浅からず 暫しここに」と軍曹の
壕に運びていたわるを 「否みよ内田浅きぞ」と
戎衣をぬげば紅の 血潮淋漓迸る

十六
中佐はさらに驚かで 「隊長われはここにあり
受けたる傷は深からず 日本男子の名を思い
命の限り防げよ」と 部下を励ます声高し

十七
寄せては返しまた寄する 敵の新手を幾度か
打ち返ししもいかにせん 味方の残兵少きに
中佐はさらに命ずらく 「軍曹銃をとって立て」

十八
軍曹やがて立ちもどり 「辛くも敵は払えども
防ぎ守らん兵なくて この地を占めん事難し
後援きたるそれまで」と 中佐を負いて下りけり

十九
屍ふみ分け壕をとび 刀を杖に岩をこえ
ようやく下る折も折 虚空を摩して一弾は
またも中佐の背をぬきて 内田の胸を破りけり

(下の曲)


嗚呼々々悲惨参の極 父子相抱く如くにて
ともに倒れし将と士が 山川震う勝鬨に
息吹き返し見返れば 山上すでに敵の有


飛び来る弾の繁ければ 軍曹ふたたび起き上り
無念の一涙払いつつ 中佐を扶けて山の影
たどり出でたる松林 僅に残る我が味方


阿修羅の如き軍神の 風発叱咤今絶えて
血に染む眼打ち開き 日出ずる国の雲千里
千代田の宮を伏し拜み 中佐畏み奏すらく


「周太が嘗て奉仕せし 儲の君の畏くも
生れ給いしよき此の日 逆襲うけて遺憾にも
将卒あまた失いし 罪はいかでか逃るべき


さはさりながら武士の とり佩く太刀は思うまま
敵の血汐に染めにけり 臣が武運はめでたくて
只今ここに戦死す」と 言々悲痛 声凛凛


中佐は更にかえりみて 「わが戦況はいまいかに
聯隊長は無事なるか」 「首山堡すでに手に入りて
関谷大佐は討死」と 聞くも語るも血の涙


わが凱歌の声かすか 四辺に銃の音絶えて
夕陽遠く山に落ち 天籟闃寂静まれば
闇の帳に包まれて あたりは暗し小松原


朝な夕なを畏くも 打ち誦じたる大君の
勅諭のままに身を捧げ 高き尊き聖恩に
答え奉れる隊長の 終焉の床に露寒し


負いし痛手の深ければ 情手厚き軍曹の
心尽しも甲斐なくて 英魂此処に止まらねど
中佐は過去を顧みて 終焉の笑をもらしけん


君身を持して厳なれば 挙動に規矩を失わず
職を奉じて忠なれば 功績常に衆を抜き
君交わりて信なれば 人は鑑と敬いぬ

十一
忠肝義胆才秀で 勤勉刻苦 学勝れ
情は深く勇を兼ね 花も實もある武士の
君が終焉の言には 千載誰か泣かざらん

十二
花潔く散り果てて 護国の鬼と盟いてし
君軍神とまつられぬ 忠魂義魂後の世の
人の心を励まして 武運は永久に尽きざらん

十三
国史伝うる幾千年 ここに征露の師を起す
史繙きて見る毎に わが日の本の国民よ
花橘の薫にも 偲べ軍神中佐をば

関連記事

  1. 名村泰蔵(なむら たいぞう)・長崎の偉人
  2. 西川如見(にしかわ じょけん)・長崎の偉人
  3. 松永安左エ門(まつなが やすざえもん)・長崎の偉人
  4. 北村西望(きたむら せいぼう)・長崎の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP