千葉の偉人

浅井忠(あさい ちゅう)・千葉の偉人

浅井忠(あさい ちゅう)・千葉の偉人

安政3年(1856)6月21日 – 明治40年(1907)12月16日

明治期の洋画家、関西洋画壇の指導者。近代洋画の巨匠。
近代洋画の発展に努め、現代の洋画界に大きな影響を残し、高橋由一とともに「ニ先覚」とよばれる。

浅井忠
(国立国会図書館・近代日本人の肖像より)

号は黙語(もくご)
佐倉藩(千葉県佐倉市)の江戸屋敷に藩士・浅井常明の長男として生まれる。

少年時代は佐倉で過ごし(佐倉市将門町)佐倉藩の藩校・成徳書院で学ぶ。

明治6年(1873)に上京し、国沢新九郎に油絵を学び、明治9年(1876)に工部美術学校に入学、フォンタネージの指導をうける。

卒業後ののち明治美術会を創立、中心作家として「春畝(しゅんぽ)」「収穫」など明治洋画の代表的作品を発表し、東京美術学校(現・東京芸術大学)教授となる。

その後、明治33年(1900)からフランスへ留学。帰国後京都に移り、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)教授、関西美術院初代院長を務めるなど、関西洋画壇の指導者として活躍した。
門下に安井曾太郎、梅原竜三郎らがいる。

浅井忠旧宅跡(千葉県佐倉市将門町)

千葉県立美術館収蔵作品による浅井忠の軌跡

浅井忠墓所(南禅寺金地院・京都市左京区南禅寺福地町86-12)

浅井忠 (新潮日本美術文庫)
浅井忠 (新潮日本美術文庫)

浅井忠(あさい・ちゅう)1856-1907

明治時代の洋画家。

安政3年(1856)6月21日江戸に生まれ、幼少から佐倉藩の画家黒沼槐山に花鳥画を習ったが、明治8年(1875)国沢新九郎の彰技堂に入って油絵を学び、翌9年新設の工部美術学校でフォンタネージの薫陶をうけた。

師の帰国後は同志と十一字会を結んで研究をつづけ、同22年わが国最初の洋画団体である明治美術会を創立、「春畝」「収穫」などの秀作を発表して同会で重きをなし、31年には推されて東京美術学校教授となった上、33年から2年間フランスに留学した。

35年帰国後は直ちに京都高等工芸学校教授に転じて京都に移り、かたわら聖護院洋画研究所を開いたり、関西美術院を設立するなど後進の指導を心掛け、門下から梅原竜三郎や安井曾太郎らを出して、
関西画壇の発展振興に寄与するところ大であった。

その作風はフォンタネージの流れを汲む抒情的表現の上に、独自の詩趣を加えたもので、はじめは外光派導入前の明治初期洋画を特色づける脂派の代表と目されたが、渡欧後は印象派の明るい技法も
取り入れて「グレーの秋」などを生んだほか、水彩画に多くの佳作を残した。

明治40年12月19日死去。52歳。著書に『木魚遺響』などがある。

参考文献 石井柏亭編『浅井忠』、隈元謙次郎『浅井忠』(『現代のエスプリ』24)、福田恆存『作家論』(『福田恆存評論集』3)(日本近現代人名辞典)

関連記事

  1. 【日本地図の父・測量の父・自然科学の父】伊能忠敬(いのう・ただた…
  2. 荻生徂徠(おぎゅう そらい)・千葉の偉人
  3. 新井白石(あらい はくせき)・千葉の偉人
  4. 福原有信(ふくはら ありのぶ)・千葉の偉人
  5. 津田梅子(つだ うめこ)・千葉の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP