山梨の偉人

武田四天王(たけだしてんのう)

武田四天王(たけだしてんのう)

板垣信方(いたがき のぶかた)1489年?~1548年

武田信虎、信玄の二代に仕えた。
信玄の父信虎追放の主導者でもあり、信玄が家督を継ぐと家臣団の筆頭格となる。
信玄が諏訪氏を滅ぼすと諏訪郡代(上原城城代)となり、諏訪衆を率いて信濃経略戦で戦功をあげた。村上義清との上田原の戦いで先陣となり緒戦で村上勢を破るが、逆襲を受けて討死した。
板垣退助は板垣信方の子孫であると称していたが、真偽不明。

板垣信方墓所(板垣神社・長野県上田市)

甘利虎泰(あまり とらやす)1498年?~1548年

信虎追放にも関わり、信玄に仕えた後は内政でその手腕を振るった。
「甲陽軍鑑」において山本勘助の言として「虎泰は猛将萩原常陸に劣らぬ剛の者」とか「虎泰の采配ぶりはまことに見るべきものありて」とある。
板垣信方と同じく上田原の戦いで討死。

甘利氏館(甘利氏菩提寺、大輪寺・山梨県韮崎市旭町上條北割字宮下)

飯富虎昌(おぶ とらまさ)1504年?~1565年

板垣信方、甘利虎泰らと共に信虎の追放に関わる。
板垣・甘利の討死後は、武田家の重臣として活躍。
しかし、信玄の長男である武田義信の謀反騒動に際して謀反の首謀者として自害させられる。飯富虎昌の部隊は、全員が真っ赤な鎧兜を身に着けていたことから「武田の赤備え」として、近隣の大名の恐怖の的となったといわれている。

飯富虎昌墓所(天沢寺・山梨県甲斐市亀沢)

小山田昌辰(おやまだ まさとき)生年不詳~1552年

信虎時代からの侍大将。城攻め、築城、守備の名手といわれ、敵方の城を陥落させた後は、必ずその城の守将を命じられたという。
信玄による信濃南佐久から北信濃方面への侵攻作戦では板垣信方の副将として活躍。
天文21年(1552)、信州常田の合戦において討死。

小山田昌辰墓所(正安寺・長野県佐久市内山)

武田家臣団―信玄を支えた24将と息子たち (学研M文庫 (こ-9-2))
武田家臣団―信玄を支えた24将と息子たち (学研M文庫 (こ-9-2))

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 雨宮敬次郎(あめみや けいじろう)・山梨の偉人
  2. 高芙蓉(こう ふよう)・山梨の偉人
  3. 小林一三(こばやし いちぞう)・山梨の偉人
  4. 根津嘉一郎(ねづ かいちろう)・山梨の偉人
  5. 若尾逸平(わかお いっぺい)・山梨の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP