東京の偉人

吉益亮子(よします りょうこ)・東京出身

日本初女子留学生

左から三人目が吉益亮子

1854(安政元)年-1886(明治19)年 33歳

「日本初女子留学五少女」のひとり。

明治の女子留学生―最初に海を渡った五人の少女 (平凡社新書)
明治の女子留学生―最初に海を渡った五人の少女 (平凡社新書)

秋田県典事吉益正雄の子として生まれる。

岩倉使節団とともに渡米、5人の中で最年長の15歳であった。

津田梅子とともにワシントン郊外ジョージ・タウンのチャールズ・ランメン方にあずけられる。のち1軒を借りて5人で居住。1872年10月、目を患ったため病気の上田梯子とともに帰国。滞米1年足らずであった。

その後、築地の海岸女学校で教師をし、1886年6月京橋に女子英学校教授所を設立したが。その秋コレラで死亡。

(近現代女性人名事典・ドメス出版)

近現代日本女性人名事典
近現代日本女性人名事典

関連記事

  1. 【北海道文学の父】有島武郎(ありしま たけお)・北海道の偉人
  2. 中村正直(なかむら まさなお)・東京の偉人
  3. 勝海舟(かつ かいしゅう)・江戸の偉人
  4. 夏目漱石(なつめ そうせき)・東京の偉人
  5. 青木昆陽(あおき こんよう)・江戸の偉人
  6. 樋口一葉(ひぐち いちよう)・東京の偉人
  7. 【新選組副長】土方歳三(ひじかた としぞう)・東京の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP