和歌山の偉人

有間皇子(ありまのみこ)・古代の偉人

有間皇子(ありまのみこ)・古代の偉人

舒明天皇12年(640)-斉明天皇4年(658)11月11日 18歳

孝徳天皇の皇子。
飛鳥時代を代表する歌人としても名高い。

父天皇の死後、中大兄皇子と不和になり、狂気を装ったが、蘇我赤兄にそそのかされ謀反を企てるが、捕らえられた。

行幸先の紀州牟婁(むろ)温泉(白浜)まで連行され、中大兄皇子の尋問を受けたのち、帰途、藤白坂(和歌山県海南市藤白)で絞首刑に処された。

『万葉集』に載る歌2首は護送の途中詠んだもので絶唱である。

「磐代(いはしろ)の 浜松が枝を 引き結び 真幸(まさき)くあらば 亦(また)かへり見む(巻2・141)」

自分はこのような身の上で磐代まで来たが、浜松の枝を結んで幸を祈る。
願いかなって無事であることができたら、再びこの結び松を見よう。

「家にあれば 笥(け)に盛る飯(いひ)を 草枕(くさまくら) 旅にしあれば 椎(しひ)の葉に盛る(巻2、142)」

我が家にいれば器に盛る飯を、旅先なので、椎の葉の盛って食べるのだ。

有間皇子物語

有間皇子之碑(西牟婁郡白浜町白良ケ丘)

有間皇子結松記念碑(和歌山県日高郡みなべ町西岩代)

藤白神社・有間皇子神社(和歌山県海南市藤白466)
毎年11月には、有間皇子まつりが開催される。

有間皇子墓所 (和歌山県海南市藤白)

関連記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)・和歌山の偉人
  2. 陸奥宗光(むつ むねみつ)・和歌山の偉人
  3. 南方熊楠(みなかた くまぐす)・和歌山の偉人
  4. 山葉寅楠(やまは・とらくす)・和歌山/静岡の偉人
  5. 【治水、水利の神様・見沼干拓の父】井沢弥惣兵衛為永(いざわ・やそ…
  6. 下村観山(しもむら かんざん)・和歌山の偉人
  7. 徳川吉宗(とくがわ よしむね)・和歌山の偉人
  8. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP